2016年5月-2017年4月
2017年01月06日 平成29年4月期第2四半期決算説明会動画を掲載しました。詳細はこちらをご覧ください。
2016年12月22日 平成29年4月期第2四半期決算説明会資料を掲載しました。詳細はこちらをご覧ください。
2016年12月02日 平成29年4月期第2四半期の決算発表は平成28年12月15日を予定しております。
2016年08月31日 平成29年4月期第1四半期の決算発表は平成28年09月14日を予定しております。
2016年07月28日 第12期定時株主総会後に実施した欧州の販売状況及び中期経営計画の説明資料を掲載しました。詳細はこちらをご覧ください。
2016年07月13日 株式会社フィスコより企業調査レポート(2016年4月期)が配信されました。詳細はこちらをご覧ください。
2016年06月23日 平成28年4月期決算説明会動画を掲載しました(公開終了)。
2016年06月17日 平成28年4月期決算説明会資料を掲載しました。詳細はこちらをご覧ください。
2016年05月23日 平成28年4月期の決算発表は平成28年06月14日を予定しております。
2015年5月-2016年4月
2016年04月04日 株式会社フィスコより企業調査レポート(2016年4月期第3四半期)が配信されました。詳細はこちらをご覧ください。
2016年03月03日 平成28年4月期第3四半期の決算発表は平成28年03月15日を予定しております。
2016年03月02日 浦岡俊夫医師(東京医療センター消化器内科医長、慶應義塾大学医学部腫瘍センター特任准教授)により実施された、当社自己組織化ペプチド技術を用いた消化器内視鏡手術における後出血予防及び潰瘍治癒促進(創傷治癒促進) に関する臨床研究に関する論文を当社HP上に掲載いたしましたので、お知らせいたします。詳細はこちらをご覧ください。
2016年02月16日 東京歯科大学歯周病学講座 齋藤淳教授らのグループより、当社自己組織化ペプチド技術を用いた歯周組織の再生に関する研究が、Journal of Clinical Periodontology誌に掲載されましたのでお知らせいたします。詳細はこちらをご覧ください。
2016年01月20日 株式会社シェアードリサーチより企業分析レポートが配信されました。詳細はこちらをご覧ください。
2016年01月07日 株式会社フィスコより企業調査レポート(2016年4月期第2四半期)が配信されました。詳細はこちらをご覧ください。
2015年12月24日 平成28年4月期第2四半期決算説明会動画を掲載しました。(公開終了)
2015年12月18日 平成28年4月期第2四半期決算説明会資料を掲載しました。詳細はこちらをご覧ください。
2015年12月11日 平成28年4月期第2四半期の決算説明会(アナリスト・機関投資家向け)を平成27年12月18日(午後)に開催いたします。
2015年11月19日 平成28年4月期第2四半期の決算発表は平成27年12月15日を予定しております。
2015年10月01日 株式会社シェアードリサーチより企業分析レポートが配信されました。詳細はこちらをご覧ください。
2015年09月24日 株式会社フィスコより企業調査レポート(2016年4月期第1四半期)が配信されました。詳細はこちらをご覧ください。
2015年09月07日 株式会社シェアードリサーチより企業分析レポートが配信されました。詳細はこちらをご覧ください。
2015年08月24日 平成28年4月期第1四半期の決算発表は平成27年09月07日を予定しております。
2015年08月12日 吸収性局所止血材「PuraStat®」のブラジル連邦共和国における医療機器製品登録申請についてのお知らせ。詳細はこちらをご覧ください。
2015年07月14日 株式会社フィスコより企業調査レポート(2015年4月期)が配信されました。詳細はこちらをご覧ください。
2015年07月07日 本日公表の国立がん研究センターによる医師主導治験・共同開発のTDM-812に関する詳細はこちらをご覧ください。
2015年07月02日 吸収性局所止血材「PuraStat®」のメキシコ合衆国における医療機器製品登録申請についてのお知らせ。詳細はこちらをご覧ください。
2015年06月24日 平成27年4月期決算説明会の動画を掲載しました。詳細はこちらをご覧ください。(公開終了)
2015年06月19日 平成27年4月期決算説明会資料を掲載しました。詳細はこちらをご覧ください。
2015年06月08日 平成27年4月期の決算発表は平成27年06月12日を予定しております。
2015年05月29日 第89回日本消化器内視鏡学会総会における当社技術に関連する口演発表のお知らせ。詳細はこちらをご覧ください。
2014年5月-2015年4月
2015年04月21日 株式会社シェアードリサーチより企業分析レポートが配信されました。詳細はこちらをご覧ください。
2015年04月09日 株式会社フィスコより企業調査レポート(2015年4月期第3四半期)が配信されました。詳細はこちらをご覧ください。
2015年03月31日 株式会社シェアードリサーチより企業分析レポートが配信されました。詳細はこちらをご覧ください。
2015年02月27日 平成27年4月期第3四半期の決算発表は平成27年03月13日を予定しております。
2015年01月08日 株式会社フィスコより企業調査レポート(2015年4月期第2四半期)が配信されました。詳細はこちらをご覧ください。
2015年01月07日 株式会社シェアードリサーチより企業分析レポートが配信されました。詳細はこちらをご覧ください。
2014年12月24日 平成27年4月期第2四半期決算説明会動画を掲載しました。(公開終了)
2014年12月16日 平成27年4月期第2四半期決算説明会資料を掲載しました。詳細はこちらをご覧ください。
2014年12月09日 平成27年4月期第2四半期の決算説明会(アナリスト・機関投資家向け)を平成26年12月16日(午前)に開催いたします。
2014年12月01日 平成27年4月期第2四半期の決算発表は平成26年12月11日を予定しております。
2014年10月06日 株式会社フィスコより企業調査レポート(2015年4月期第1四半期)が配信されました。詳細はこちらをご覧ください。
2014年09月29日 株式会社シェアードリサーチより企業分析レポートが配信されました。詳細はこちらをご覧ください。
2014年08月26日 平成27年4月期第1四半期の決算発表は平成26年09月12日を予定しております。
2014年07月11日 株式会社シェアードリサーチより企業分析レポートが配信されました。詳細はこちらをご覧ください。
2014年07月08日 株式会社フィスコより企業調査レポート(2014年4月期)が配信されました。詳細はこちらをご覧ください。
2014年07月04日 平成26年4月期決算説明会(動画)を掲載しました。(公開終了)
2014年06月30日 当社創業者、医学・科学技術顧問であるMIT教授Robert S. Langer博士が第30回(2014年)京都賞を受賞しましたのでお知らせいたします。
Langer博士は再生医療とDDSにおいて革新的な技術を創生し、医療応用へ展開した創始者であり、 ミレニアム技術賞、ウルフ賞など数多くの受賞歴を有しております。 京都賞は、科学や文明の発展、また人類の精神的深化・高揚に著しく貢献した方々の功績を讃える国際賞です。詳細はこちらをご覧ください。
また、当該記事がMIT Newsに掲載されました。詳細はこちら をご覧ください。
2014年06月27日 平成26年4月期決算説明会資料を掲載しました。詳細はこちらをご覧ください。
2014年05月29日 平成26年4月期の決算発表は平成26年06月12日を予定しております。
2014年05月16日 平成26年5月12日付で開示いたしました当社子会社3-D Matrix Asia Pte. Ltd.とExploit Technologies PTE LTDとの間で契約締結した超短鎖自己組織化ペプチド技術に関するライセンス契約についてのお知らせがInstitute of Bioengineering and Nanotechnologyのホームページでも掲載されました。詳細はこちらをご覧ください。
2013年5月-2014年4月
2014年03月27日 株式会社フィスコより企業調査レポート(2014年第3四半期4月期)が配信されました。詳細はこちらをご覧ください。
2014年03月25日 株式会社シェアードリサーチより企業分析レポートが配信されました。詳細はこちらをご覧ください。英語版はこちらです。
2014年03月19日 Shuguang Zhang博士が米国The National Academy of Inventorsの「2013 NAI FELLOWS」に選出されました。
革新的な技術を発明し社会貢献した発明者がノミネートされるプログラムで、「自己組織化ペプチド」の発明が評価されたものです。 詳細はこちらをご覧ください。
2014年03月05日 平成26年4月期第3四半期の決算発表は平成26年03月14日を予定しております。
2014年02月04日 『Growing a business, from the lab』 Shuguang Zhang博士の発明、弊社会長 永野によるOpen-source innovationが評価され、MIT newsに掲載されました。詳細はこちらをご覧ください。
2014年01月31日 化学工業日報に「MIT・当社グループに対する株式会社メニコンの特許侵害」に関する記事が掲載されました。
2013年12月27日 日経産業新聞に「ワクチン・デリバリー・システム」に関する記事が掲載されました。
2013年12月24日 株式会社シェアードリサーチより企業分析レポートが配信されました。詳細はこちらをご覧ください。英語版はこちらです。
2013年12月24日 平成26年4月期第2四半期決算説明会(動画)を掲載しました。(公開終了)
2013年12月19日 株式会社フィスコより企業調査レポート(2014年第2四半期4月期)が配信されました。詳細はこちらをご覧ください。
2013年12月16日 平成26年4月期第2四半期決算説明会資料を掲載しました。詳細はこちらをご覧ください。
2013年11月29日 平成26年4月期第2四半期の決算発表は平成25年12月06日を予定しております。
平成26年4月期第2四半期の決算説明会(アナリスト・機関投資家向け)を平成25年12月16日に開催いたします。
2013年10月11日 弊社代表取締役社長 髙村健太郎がBioJapan2013の主催者セミナー(コーディネーター:山崎清一 いちよし経済研究所 企業調査部 主席研究員)に て、「自己組織化ペプチド技術による事業戦略」についての講演を行いました。
2013年09月25日 株式会社シェアードリサーチより企業分析レポートが配信されました。詳細はこちらをご覧ください。英語版はこちらです。
2013年09月20日 株式会社フィスコより企業調査レポート(2014年4月期第1四半期)が配信されました。詳細はこちらをご覧ください。
2013年08月28日 平成26年4月期第1四半期の決算発表は平成25年09月06日を予定しております。
2013年07月01日 株式会社シェアードリサーチより企業分析レポートが配信されました。詳細はこちらをご覧ください。英語版はこちらです。
2013年06月28日 株式会社フィスコより企業調査レポート(2013年4月期)が配信されました。詳細はこちらをご覧ください。
2013年06月24日 平成25年4月期決算説明会(動画)を掲載しました。(公開終了)
2013年06月20日 当社の医学・科学技術顧問に新たに、前ノーベル化学賞選考委員長のBengt Norden チャルマース工科大学教授が就任することになりました。
Norden教授は、1971年にルンド大学で博士号を取得後、スウェーデン王立化学アカデミーの研究員に選出されるなど多数の受賞歴を有しております。
また、ノーベル化学賞の選考委員を長年務められてきました。 当社は、Norden教授の科学的見識と欧州での幅広い人脈が、当社の事業拡大に貢献していただけるものと期待しております。
2013年06月14日 平成25年4月期決算説明会資料を掲載しました。詳細はこちらをご覧ください。
2012年5月-2013年4月
2013年06月05日 平成25年4月期の決算発表は平成25年06月13日を予定しております。
平成25年4月期決算説明会(アナリスト・機関投資家向け)を平成25年6月14日に開催いたします。
2013年03月29日 株式会社シェアードリサーチより企業分析レポートが配信されました。詳細はこちらをご覧ください。英語版はこちらです。
2013年03月27日 株式会社フィスコより企業調査レポート(2013年4月期第3四半期)が配信されました。詳細はこちらをご覧ください。
2013年03月12日 平成25年4月期第3四半期の決算発表は平成25年03月13日を予定しております。
2012年12月28日 株式会社シェアードリサーチより企業分析レポートが配信されました。詳細はこちらをご覧ください。英語版はこちらです。
2012年12月25日 株式会社フィスコより企業調査レポート(2013年4月期第2四半期)が配信されました。詳細はこちらをご覧ください。
2012年12月25日 平成25年4月期第2四半期決算説明会(動画)を掲載しました。
2012年12月14日 平成25年4月期第2四半期決算説明会(アナリスト・機関投資家向け)を平成24年12月18日に開催いたします。
2012年12月12日 平成25年4月期第2四半期の決算発表は平成24年12月13日を予定しております。
2012年12月07日 弊社は、第11回「デロイト アジア太平洋地域テクノロジー Fast500」を受賞いたしました。詳細はこちらをご覧ください。
2012年11月14日 TOKYO MX-TV「東京マーケットワイド」11月14日(水)8:30-11:40に弊社代表取締役会長 永野恵嗣、代表取締役社長 髙村健太郎が出演いたしました。
2012年11月12日 BS12 TwellV「マーケットアナライズ」11月10日(土)6:15-7:00にて当社が紹介されました。
2012年09月24日 株式会社シェアードリサーチより企業分析レポートが配信されました。詳細はこちらをご覧ください。英語版はこちらです。
2012年09月20日 株式会社フィスコより企業調査レポート(2013年4月期第1四半期)が配信されました。詳細はこちらをご覧ください。
2012年09月04日 平成25年4月期第1四半期の決算発表は平成24年9月13日を予定しております。
2012年08月16日 株式分割に関する基準日設定公告 詳細はこちらをご覧ください。
2012年07月31日 株主通信(2011.5.1~2012.4.30)を掲載いたしました。詳細はこちらをご覧ください。
2012年07月11日 株式会社シェアードリサーチより企業分析レポートが配信されました。詳細はこちらをご覧ください。英語版はこちらです。
2012年06月22日 平成24年4月期決算説明会(動画)を掲載しました。
2012年06月18日 株式会社フィスコより企業調査レポート(2012年4月期)が配信されました。詳細はこちらをご覧ください。詳細はこちらをご覧ください。
2012年06月15日 平成24年4月期決算説明会資料を掲載しました。詳細はこちらをご覧ください。
2012年06月11日 平成24年4月期決算説明会(アナリスト・機関投資家向け)を平成24年06月15日に開催いたします。
2011年5月-2012年4月
2012年04月26日 株式会社シェアードリサーチより企業分析レポートが配信されました。詳細はこちらをご覧ください。英語版はこちらです。
2012年03月29日 個人投資家向け説明会資料(2012年03月29日開催)を掲載しました。詳細はこちらをご覧ください。
2012年03月29日 個人投資家向け会社説明会(SMBC日興証券八重洲支店)を開催いたしました。詳細はこちらをご覧ください。
2012年03月15日 株式会社フィスコより企業調査レポートが配信されました。詳細はこちらをご覧ください。
2012年03月06日 個人投資家向け説明会の動画(2012年03月01日開催)を掲載しました。
2012年03月02日 個人投資家向け説明会資料(2012年03月01日開催)を掲載しました。詳細はこちらをご覧ください。
2012年02月10日 第7回日本バイオベンチャー大賞 「文部科学大臣賞」を受賞いたしました。(主催:フジサンケイビジネスアイ)詳細はこちらをご覧ください。
2012年02月08日 弊社代表取締役社長 髙村健太郎が企業向けセミナー(三井住友銀行・SMBC日興証券 共同運営:2012年02月07日開催)にて上場体験談の講演を行いました。
2012年02月01日 JASDAQ Value IR Square:個人投資家向け合同IR説明会(2012年03月01日開催予定)に参加いたします。 詳細はこちらをご覧ください。
2012年01月25日 中小企業基盤整備機構の関連サイトに弊社記事が掲載されました。詳細はこちらをご覧ください。
2011年12月21日 平成24年4月期第2四半期決算説明会(動画)を掲載しました。(公開終了)
2011年12月13日 平成24年4月期第2四半期決算説明会資料を掲載しました。詳細はこちらをご覧ください。
2011年12月05日 平成23年12月02日に日本経済新聞において弊社がテクノロジー企業ランキング 第10回「デロイト アジア太平洋地域テクノロジー Fast500」9位入賞(日本1位)した記事が掲載されました。詳細はこちらをご覧ください。
2011年12月02日 平成23年12月05日(月)14:05〜14:20、ビジネス・経済専門チャンネル日経CNBC『TOKYOマーケットウォッチ 新興企業Now』に弊社代表取締役社長 髙村健太郎が出演いたしました。
2011年10月24日 上場時会社説明資料を掲載しました。詳細はこちらをご覧ください。
2011年10月24日 テクノロジー企業ランキング「デロイト日本テクノロジーFast50」1位受賞のお知らせです。詳細はこちらをご覧ください。
2011年9月 大阪証券取引所より、弊社株式の大阪証券取引所JASDAQ市場(グロース)への上場承認をいただきましたので、ここにお知らせいたします。 新規上場予定日は平成23年10月24日(月)を予定しております。
2011年8月 弊社は、開発中の自己組織化ペプチドを原材料とした歯科インプラント向け製品「歯槽骨再建材」(開発コード:TDM-711)について、平成23年7月29日付けで米国食品薬品局(FDA)より治験計画届の承認を受けました。 詳細は、こちらをご覧ください。
2011年5月 弊社は、開発中の自己組織化ペプチド「PuraMatrix™」を原料とした外科用止血材製品「吸収性局所止血材」(開発コード:TDM-621)について、平成23年5月31日付けで製造販売承認申請を行いました。 詳細は、こちらをご覧ください。
2011年4月以前
2010年6月 弊社は、独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)における、 次世代再生医療技術の研究開発プロジェクトにおいて、 「自律成熟型再生デバイスの実用化研究開発」のテーマで採択されました。 詳細は、こちらをご覧ください。
2010年1月 弊社は、2010年1月15日にLaguna Niguel(カリフォルニア州、米国)で米Red Herring誌が発表した、世界で最も有望なポテンシャルを持つベンチャー企業100社を表彰する 「Red Herring Global 100」 Winnerを受賞致しました。同賞では、米国、ヨーロッパ、アジアの各地域から選出された300社が競い合い、世界を代表する100のベンチャー企業が選出されました。
2009年11月 弊社は、2009年11月11日に上海で米Red Herring誌が発表した、太平洋アジア地域の最も有望なテクノロジーベンチャー企業100社を表彰する 「Red Herring Asia 100」 Winnerを受賞致しました。
2009年8月 弊社は伊藤忠ケミカルフロンティア株式会社と、弊社が開発中の自己組織化ペプチド「PuraMatrix™」を原料とした外 科用止血材製品(開発コード:TDM-621)に関し、業務提携を行うことで合意致しました。 詳細はこちらをご覧ください。
2009年7月 弊社は、扶桑薬品工業株式会社と、弊社が開発中の自己組織化ペプチド「PuraMatrix™」を原料とした外科用止血材製品(開発コード:TDM-621)に関し、国内における独占販売許諾契約を締結いたしました。詳細はこちらをご覧ください。
2009年7月 弊社小林智(国立がんセンター研究所 外来研究員)が、”合成ペプチドをキャリア としたsiRNAの新規デリバリー方法の開発” と題しまして、遺伝子・デリバリー研究会 第9回シンポジウムにおいて界面活性剤 ペプチドのsiRNAへの応用について発表を行いました。 発表内容はこちら(一部抜粋)をご覧ください。
2009年3月 弊社は、国立がんセンター研究所と、弊社が開発中の自己組織化ペプチドをDDS担体として用いた新規癌治療技術の開発に向け、共同研究契約を締結致しました。詳細はこちらをご覧ください。
2008年10月 2008年10月15日に開催されたBioJapan2008にて弊社のPuraMatrix™が紹介されました。 日本ベクトン・ディッキンソン株式会社主催のランチョンセミナーにて、小林直哉先生(岡山大学医学部歯学部付属病院 消化管外科)が、「ペプチドハイドロゲルPuraMatrix™の特性と臨床応用の可能性」(PDF形式)についてご講演をされ大盛況のうちに終了いたしました。
2008年6月 弊社は、ベクトン・ディッキンソン アンド カンパニー(米国、BD社)と、スリー・ディー社の研究用ピュラマトリクス 製品をBD社に全世界で独占的に供給する契約を締結致しました。今後スリー・ディー社のピュラマトリクス 製品はBD社により全世界の研究機関に提供されます。詳細はこちらをご覧ください。
2008年3月 今後グローバルで事業を展開していくことに鑑み、このたび2008年03月12日に臨時株主総会を開催し社名を変更いたしました。旧社名 「株式会社スリー・ディー・マトリックス・ジャパ ン」(英語表記:3-D Matrix Japan,Ltd.)に代えまして、今後は新社名「株式会社スリー・ディー・マトリックス」(英語表記:3-D Matrix,Ltd.) のもと、全世界を視野にいれ事業を推進して 参ります。
2007年10月 米国3-D Matrix, Inc.を弊社の子会社としたことに伴い、今後のグローバルでの事業戦略と開発計画について、10月17日午後1時より事業説明会を開催致しました。
2007年10月 2007年09月24日に当社のライセンス元であった米国3-D Matrix, Inc.の100%の 株式を取得し、同社を子会社とすることに基本合意致しました。 詳細はこちらをご覧ください。
2007年9月 GMP PuraMatrix™での非臨床動物安全性試験を開始いたしました。
2007年8月 弊社執行役員武井が、”PuraMatrix™: 3-D Cell Culture System for Alternative Test Methods”と題しまして、6th World Congress on Alternatives & Animal Use in the Life Sciencesの京都サテライトシンポジウムにおいて、動物代替法におけるPuraMatrix™の応用について講演を行いました。今後、動物実験に対する規制が強まる中、様々なin vitro組織への応用が可能なPuraMatrix™に期待が集まりました。 シンポジウムウェブサイト(http://wwwsoc.nii.ac.jp/jsaae/kyoto/)
2007年8月 当社製品PuraMatrix™のGMPペプチドの製造が完了いたしました。このペプチドにより、厚生労働省、および米国FDAでの承認を目指した非臨床安全性試験が可能となります。
2007年7月 2007年7月30日に開催された定時株主総会、取締役会におきまして 役員の選任が行われ、2007年7月30日に開催された定時株主総会におきまして役員の選任が行われ、高村健太郎が代表取締役社長に、岡田淳が取締役に選任されました。また、同日の取締役会において武井次郎が技術担当執行役員(CTO)に選任されました。 詳細はこちらをご覧ください。
2007年5月 大阪工業大学応用科学化准教授・平野義明先生が当社科学技術顧問に就任いたしました。平野先生からは、ペプチド合成のご専門の立場から、今後、製品開発についてご指導を頂くこととなりました。
2006年12月 当社の実施したGLP動物実験がすべて終了し、複数の分野で有効性が確認され、また、病理所見からPuraMatrix™の安全性が確認されました。
2006年11月 PuraMatrix™単独による止血効果有効性確認を目的とし、ラットモデルを用いたGLP実験を開始いたしました。
2006年11月 PuraMatrix™単独、またPuraMatrix™と繊維芽細胞成長因子の総称治癒効果確認を目的とし、マウスを用いたGLP実験を開始いたしました。
2006年11月 弊社製品開発部マネージャー・武井が、生物工学会インフォーマルミーティングで、PuraMatrix™技術を用いた再生医療、細胞治療の実現化について講演を行いました。
2006年11月 PuraMatrix™単独、及びPuraMatrix™と血小板由来成長因子との組み合わせによる心筋再生効果の有効性確認のため、GLP動物実験を開始いたしました。
2006年11月 PuraMatrix™のタンパク質徐放担体としての有効性確認を目的とし、ラットモデルを用いたGLP実験を開始いたしました。
2006年8月 PuraMatrix™単独による歯槽骨再建の有効性確認のため、イヌ顎骨欠損モデルでのGLP実験を開始いたしました。
2006年8月 日本再生医療学会雑誌『再生医療』、2006年8月号に、弊社顧問のShuguang Zhang先生と、弊社製品開発部マネージャー武井の共著で、「再生医療用スキャフォ?ルドとしての自己組織化デザイナーペプチド」を発表いたしました。
2006年4月 バイオテクノロジージャーナル2006年5・6月号に、弊社顧問のShuguang Zhang先生(マサチューセッツ工科大学)と、同じく弊社顧問、中畑龍俊先生(京都大学)の対談が掲載されました。マテリアル開発と幹細胞という両面から、再生医療についてお話を頂きました。 掲載先はこちらになります。
2006年3月 弊社製品開発部マネージャー・武井が、日本動物代替法学会の英文機関誌、AATEXに”3-Dimensional Cell Culture Scaffold For Everyone: Drug Screening, Tissue Engineering and Cancer Biology”と題しまして、PuraMatrix™の代替法における活用についての総説を発表いたしました。 『AATEX』(http://wwwsoc.nii.ac.jp/jsaae/zasshi/Vol11-3.html)
2006年3月 京都大学発達小児科学教授・中畑龍俊先生が当社医学顧問に就任いたしました。永年の幹細胞研究と再生医療研究のご経験から、再生医療の実現化についてご指導を頂くこととなりました。
2006年2月 2006年3月9日に岡山で開催される第5回日本再生医療学会総会で、 PuraMatrix™発明者、米国マサチューセッツ工科大学(MIT)の Shuguang Zhang博士によるランチョンセミナーを開催しました。
2005年12月 米国マサチューセッツ工科大学(MIT)のRobert Langer教授が 当社科学技術顧問に就任しました。
2005年12月 第28回日本分子生物学会の企業展示を行ないました。
2005年11月 第27回バイオマテリアル学会の企業展示を行いました。
2005年8月 PuraMatrix™発明者、米国マサチューセッツ工科大学(MIT)の Shuguang Zhang博士が当社の顧問に就任いたしました。
2005年7月 バイオニクス(オーム社)8月号P.58に当社マテリアル関連記事掲載
2005年4月 本社が千代田区三番町から麹町へ移転しました。
2005年1月 日刊工業新聞に記事掲載
2005年1月 日経産業新聞に記事掲載
2004年12月 日経バイオテクに記事掲載

文字サイズの変更