スリーディーマトリックスロゴ
吸収性局所止血材

ピュアスタット®

PuraStat®

ピュアスタット®は止血鉗子の焼灼回数の低減を目的に使用する 透明な経消化器内視鏡下で使用する新規止血材です。

アミノ酸と水より構成される透明なペプチド水溶液で、体液と接することで自己組織化(ゲル化)し、
出血部位を物理的に被覆します。

吸収性局所止血材「ピュアスタット®(PuraStat®)」パッケージ

【承認情報】
一般名:吸収性局所止血材
販売名:ピュアスタット
医療機器承認番号:30200BZX00236000
医療用品(4) 整形用品
高度管理医療機器

ピュアスタット®の技術

ピュアスタットの技術

ピュアスタット®は3つのアミノ酸(アルギニン、アラニン、アスパラギン酸)の繰り返しで構成され、血液などイオンを含む溶液に暴露されることや中性pHへの変化で“自己組織化(ゲル化)”し、三次元マトリックスを形成します。
本自己組織化ペプチド技術は、米国MIT(マサチューセッツ工科大学)で発明され、当社がグロバールで開発を行っています。

製品の特長

使用方法

Step1

ブリスターパックを開けてプレフィルドシリンジを取り出し、シリンジの栓を外して、専用カテーテルを接続する。※カテーテルを鉗子孔より挿入し、使用前にカテーテル内をピュアスタット®で満たす。

ピュアスタット使用方法1

Step2

出血をできる限り除去し、出血部位を確認する。

ピュアスタット使用方法2

Step3

出血部位に直接止血材を塗布する。この際、血液の上に塗布するのではなく、出血部位に直接止血材が塗布されること。

ピュアスタット使用方法3

Step4

止血されるまで数回再塗布を繰り返す。この際、血液や前塗布した止血材の上に塗布するのではなく、出血部位に直接止血材が塗布されること。

ピュアスタット使用方法4

Step5

止血を確認する、余剰分は必要に応じて洗浄除去する。洗浄は丁寧に行う。

ピュアスタット使用方法5

Step6

再出血した場合は、Step2~Step4を繰り返す。

※ 専用カテーテルが無い場合にはシリンジアダプタ―(3-D Matrixシリンジアダプタ、届出番号:13B1X10105TDM001)を接続してから内視鏡用散布チューブを接続する。

製造販売元:株式会社スリー・ディー・マトリックス
住 所:東京都千代田区麹町3-2-4 麹町HFビル
電話番号:03-3511-3440


© 3-D Matrix, Ltd. All rights reserved.