事業概要

ビジネスモデル

100を超える研究機関や大学とマテリアル供給契約(MTA:Material Transfer Agreement)を締結。ペプチドプラットフォーム技術を活用し、グローバルに新用途を探索しております。

ビジネスモデル
すでに事業化が進む外科医療に加え、巨大市場である再生医療、DDSにおいても研究開発を進めております。

すでに事業化が進む外科医療に加え、巨大市場である再生医療、DDSにおいても研究開発を進めております。

外科医療

止血だけでなく総合力を強みとしたピュアスタットを中心に、後出血予防材、粘膜隆起材、血管塞栓材等の開発を進めております。

再生医療

放射線性直腸炎(RP)や炎症性腸疾患(IBD)、美容整形分野での創傷治癒、骨・心筋再生等の開発を進めております。

DDS

必要な薬物を、必要な部位で、必要な長さの時間作用させるためのDDS技術を基に、がんや悪性胸膜中皮腫等を対象とした核酸医薬デリバリーを進めております。