当社の基盤技術である自己組織化ペプチドは、1992年に米国マサチューセッツ工科大学(MIT)のShuguang Zhang博士によって発見されました。第一世代の自己組織化ペプチドは、PuraMatrix™として製品化されています。第一世代の製品PuraMatrix™は、生体内に存在するアミノ酸のみから構成されており(16残基)、生理的条件下で、天然の細胞外マトリックス(ECM)に似た微細構造(ナノファイバー)を構築します。化学合成品の持つ安全性と、真の3次元的環境を提供するECMの両方の特徴を併せ持つ自己組織化ペプチドは、新しい医療機器の開発に貢献する、多くの可能性をもった画期的な材料です。

第一世代製品PuraMatrix™を始めとする自己組織化ペプチドについては、下のビデオをご参照下さい。

紹介ムービー

文字サイズの変更